すぼりーマンパパの挑戦

平凡なサラリーマンかつ、2児のパパが、家事・育児・資産運用に挑戦していきます

ドル107円台!ついに来るか今年のドル転チャンス!育児サラリーマン

ドル円の為替が下がってきてますね。

107円台前半を推移中。

私が待っている2019年のチャンス到来となるかな。

今回のテーマはドル転チャンス到来するかです。

私の投資戦略を紹介します。


f:id:zubori-manpapa:20190621101503j:image

 

2019年今後の為替予想は104円台だ!

ズバリ!私の今後の為替予想は104円台です!

2019年1月に104円台がありましたね。

この時にも私は20万円のドル転に成功しています。

この段階では底辺は更に下かと欲がでて追加トレードできず、チャンスを逃しちゃいました。笑

104円台再来となった場合は追加で40万円ドル転していきます。

 

なぜドル転しているのか?

私の投資資産の大半は投資信託。

つまり、円ベースの資産です。

そんな私がなぜドル転しているのか。

理由は単純です。

 

楽しいから!

 

はぁ?

と聞こえてきそうですね。

なんかすいません。笑

具体的に紹介していきます。

 

ドル円為替相場は年単位で大幅に変動する

こちらのグラフをご覧ください。

これは過去5年間のドル円為替です。


f:id:zubori-manpapa:20190621105835j:image

・2016年 最高120円台〜最低100円台(差20円)

・2017年 最高117円台〜最低107円台(差20円)

・2018年 最高113円台〜最低104円台(差9円)

簡単に分析しただけでも年単位で10円程度の差がでているわけです。

円高ドル安の時にドル転したら単純に利益を得られますよね!

このドル転した資産はETFのスポット投資や後々来ると想定している米国債年利4%を想定してのドル転です。

しかし、あくまでもこの投資方法は私の年単位の買付余力の一部(投資額−積立NISA−楽天カード決済月5万円=残額ドル転するかも)とルール化しています。

この投資方法は良いとは思っているものの趣味の範囲だと思って頂いていいです。

 

ETFのスポット投資はどんなことしてるの?

私はNASDAQ100のQQQとバンガードの新興国VWOのスポット投資を2000ドル単位で行っています。

ポートフォリオのバランスによってはバンガード先進国のVTIを買い付ける場合もありますね。

 

米国債って年利4%になるの?

過去の実績では4%を超えていた時期もあります。

将来年利が4%を超えるのかはわかりません!

なったら私は米国債運用をします!

私の投資リターンの目標年利は4%なので、超えてくれば私にとってはこの上ない投資先です。

現在は2%程度のため投資する気にはなりませんね。

 

まとめ

私は毎年ドル推移の予想情報を得て自身でこの相場の時にドル転しよう!と決めています。(あくまで私の予測であり確定しているものではありません)

決められた相場になったら自動買付出来るように住信SBIネット銀行で設定していますよ。

住信SBIネット銀行は手数料も0.04銭と安い(キャンペーン期間中は無料)のでお得ですよ。

ドル転後はそのままSBI証券でETFや米国債を買付る流れですね。

投資資金に余力がある方は近い将来訪れるかもしれない104円台に備えて準備してみてはいかがでしょうか。

 

おまけ

最近、私の楽天ポイントが半年間で6万ポイントを超えていることについて検証してみました。

検証結果、7.4%という驚異の還元率となっていました。笑

楽天ポイントを貯めまくりたいという方は是非のぞいてみてくださいね。

www.zubori-manpapa.me

投資を始める方は、SBI証券と楽天証券の両方の口座を開設しておきましょう。

開設まで時間がかかりますのでお早めに。

口座開設しておくだけでも費用はかかりませんし、準備しておくだけでもいいと思いますよ。

 

うちのママは自らで投資管理していくのは自身がないということで、プロに管理をお任せするスタンスのセゾン投信でセゾン・バンガード・グローバルファンドでの投資を選びましたよ。

この選択も私はとてもありだと思っています。

 

 

楽天証券で投資をされる方は楽天カードの申し込みも一緒に行いましょう。

楽天証券では楽天カードで投資信託を購入し毎月積み立てることができます。(上限5万円)

もちろん楽天ポイントも付きますよ!

私も実践しているとてもお得な投資方法ですよ。

 

ブログランキングに参加してます。

ボチッ押して頂けると、励みになります。


子育てパパランキング 

最後までお付き合いありがとうございます。

ずぼりーマンパパでした。