すぼりーマンパパの挑戦

平凡なサラリーマンかつ、2児のパパが、家事・育児・資産運用に挑戦していきます

(楽天市場vs Amazon)グリコのアイクレオのミルクの価格を徹底比較!安いのはどっち?

  

子供のミルク代。

固定費なので家計に結構効いてきますよね。

毎月、なかなかの破壊力をもっています。

そしてこんなことを思いました。

少しでも安く買えないかな。

楽天市場と Amazonで価格を比較するのって結構めんどくさいんですよね。

ポイントやら送料やら。

結局、実質価格が安いのはどっちだ。

ということで検証してみたので紹介します。

 

検証における前提条件

・送料はどちらも考慮する

楽天市場にはプレミアム会員、 Amazonには Amazonプライムがあり、どちらも送料を無料またはポイント還元してくれるサービスを提供しています。

今回の検証ではこれらのサービスは除外して考えています。

・ポイント還元分は価格からマイナスする

楽天市場では10%のポイント還元分、 Amazonではポイントがついている商品のみポイント還元分を商品価格よりマイナスして実質価格を算出しています。

楽天市場の10%ポイントは楽天ポイントアップと月1回程度開催されているキャンペーンより、10%程度が妥当と判断しています。

また、 Amazon価格は Amazonプライム限定のパントリー価格も算定価格の対象としています。

・全ての商品をミルク200ml当りの単価に置き換えて実質価格を算定する

全ての商品を比較するために200ml当りの単価を算出して、平等に比較しています。

 

赤ちゃん用の800g大缶を買うなら楽天市場だ!

購入先:楽天市場

実質価格:74円/200ml当り

 

 

楽天市場で8個セットを購入するのが実質価格が1番安いようです。

楽天市場ですのでキャンペーン時には更なるポイント還元とクーポンの利用が可能となりますので、もう少し安く購入できそうですね。 

 楽天市場で1番安い実質価格と Amazonで1番安い実質価格を1年間で比較してみた

算定条件として、200mlのミルクを1日4回あげると仮定する。

  • 楽天市場 74円×4回×365日=108,040円/年
  •  Amazon 81円×4回×365日=118,260円/年

結果、10,220円/年の差がでました。

少量の2個セットで800g大缶を購入するのも楽天市場だ!

購入先:楽天市場

実質価格:81円/200ml当り

 

こちらも楽天市場が安いようです。

8個セットと2個セットの1年間の差額を算定した結果、10,220円の差があるという結果となってます。

この価格差を高いとみるか。

置く場所に困るからこの価格差を良しとするか。

あとはあなた次第です。

フォローアップの大缶を買うなら楽天市場だ!

購入先:楽天市場

実質価格:60円/200ml当り

 

楽天市場の8個セットの実質価格が1番安いようです。 

 楽天市場で1番安い実質価格と Amazonで1番安い実質価格を1年間で比較してみた

算定条件として、200mlのミルクを1日2回あげると仮定する。

  • 楽天市場 60円×2回×365日=43,800円/年
  •  Amazon 66円×2回×365日=48,180円/年

結果、4,380円/年の差がでました。

少量の2個セットでフォローアップを購入するのは楽天市場だ!

購入先:楽天市場

実質価格:68円/200ml

 

スティックタイプを購入するなら楽天市場だ!

購入先:楽天市場

実質価格:100円/200ml

 

こちらも Amazonよりも楽天市場の方が安いようです。

スティックタイプと大缶の実質価格差を1年間で比較してみた

スティックタイプは大缶と比べて利便性がありますよね。

外出時や夜のミルクなんかにも使いたいところ。

しかし、大缶よりも価格が高い。

実際にいくらくらい高いのか検証してみた。

算定条件として、200mlのミルクを1日4回あげると仮定した。

  • 大缶(楽天市場)74円×4回×365日=108,040円/年
  • スティック(楽天市場)100円×4回×365日=146,000円/年

結果、37,960円の差額がでました。

やはり、スティックタイプは大缶に比べ結構高価であることがわかりました。

外出時などに使うようにした方が家計は助かりそうですね。

液体タイプを購入するなら Amazonだ!

購入先: Amazon

実質価格:349円/200ml当り

液体タイプについては、 Amazonで購入するのが1番安いという結果がでました。

やはり、購入する商品によってどちらが安いか違うみたいですね。

液体タイプは非常用としてもそのまま飲めるので優秀ですね。

ただ、現時点では価格が高すぎますね。

まとめ

アイクレオのミルクを購入するのであれば、大缶・スティックタイプのものであれば楽天市場が安い。

液体タイプのものであれば、 Amazonが安いという結果がでました。

総合的にアイクレオのミルクを購入する場合は、楽天市場が優勢ということが言えますね。

 

楽天市場で購入するのであれば、楽天ポイントスーパーアップの対象にもなる楽天カードを作ってから買い物することをおすすめしますよ。

もちろん年会費・保持費無料です。

 

おまけ

今回検証した元データです。

全て載せると見にくいので、要所のみ抜粋して紹介させてもらいます。

(アイクレオ対決)
楽天市場 vs Amazon

 

楽天市場

 

Amazon

比較結果

大項目

ミルク種類

個数

回数
200m1/回

価格

実質価格
200ml当り

価格

実質価格
200ml当り

0歳〜
800g

アイクレオ

1

31

2,650

94

2,645

85

Amazon

2

31

5,589

81

5,214

84

楽天市場

8

31

20,380

74

20,500

81

楽天市場

9ヶ月〜
ステップアップ
800g

アイクレオ

1

31

1,944

77

2,600

84

楽天市場

2

31

4,704

68

4,380

71

楽天市場

8

31

16,580

60

16,398

66

楽天市場

スティック

アイクレオ

1

5

529

235

518

174

Amazon

12

5

6,696

100

6,216

104

楽天市場

液体

アイクレオ(125ml)

1

0.6

198

1,149

なし

なし

楽天市場のみ

12

0.6

2,201

386

2,514

349

Amazon

ブログランキングに参加してます。

ボチッ押して頂けると、励みになります。


子育てパパランキング 

最後までお付き合いありがとうございます。

ずぼりーマンパパでした。